Chef

シェフ

Chef

シェフ

シェフ

日本の生産者より日本人が本当においしいと思える一皿をお届けします。

chef  伊藤 旭彦 -akihiko ito-

1982年生まれ、名古屋調理師専門学校を卒業後、菜の詩(みよし市)レストランセレスティ(名古屋)で西洋料理の基礎、フレンチや洋食のクラシックなソースの技術を学び渡仏、パビヨンモンスーリ(パリ)シェ・ラミジャン(パリ)などで研鑽を積みフランスでは、ガストロノミー、ビストロ、フュージョンと様々な料理スタイルの店で働き、フランス料理のエスプリ(感性)を学び帰国、その後イタリア料理の世界へ、リストランテアンティキ(名古屋)その後のリストランテデルフィーナ(名古屋)ではシェフを務め、イタリア料理の素材を生かす調理を学ぶ 長い修行の中で、全国の生産者や職人と出会い、その素晴らしさに感銘を受け独自の料理スタイルを確立

 

日本食材、無添加、無農薬、天然の食材にこだわり、フレンチをベースとした味だけではなく、空間や器、関わる人の想いまで表現する料理で、お客さまに感動し楽しんでリラックスしていただける食空間を皆様にお届けします。